SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
カウンター
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
違う意見


昨日の夕飯の時にダンナが1つのニュースについて意見を言い始めました。↓

津市内の公立小学校で7月、4年生を担任する50代の男性教諭が、給食のおかずを選択できる「リザーブ給食」でおかずの数を間違えて注文し、児童7人に「誰にも言わないように」と100円ずつ渡していたことが8日、分かった。

 津市教委学校教育課によると、教諭は7月13日にあった「うなぎのかば焼き」か「トンカツ」を選択できる「リザーブ給食」で、担当する児童32人に事前に希望を聞いた際、おかずの数を取り違えて注文した。希望に反して「うなぎのかば焼き」を食べることになった児童のうち給食に手をつけなかった7人を後で呼び、自分の財布から100円ずつ渡したという。

 帰宅した児童から話を聞いた保護者が学校に問い合わせて発覚した。学校は当日と翌日にかけて、教諭の担当クラス全員の保護者を訪問して謝罪し、同16日に学級保護者会を開いて説明した。校長の事情聴取に対して、教諭は反省を示し、おかず代を返す意味合いもあったと説明しているという。

 同課は「不適切な指導で、子どもや保護者に迷惑をかけ申し訳ない。教諭の処分は早急に検討する」と話している。


この先生に対してのダンナの意見は....間違ってしまったなら口止め料じゃなくて、先生の自腹でホカ弁か何か変わりになるような物を買って食べさせたらよかったと言うのです。そしてそういう先生が熱血教師で彼の求めるカタチの先生なんだとか・・・

それに対して私だったら子供達に自分のミスを誤り我慢してもらい、どうしてもウナギが食べられない子はとんかつを注文している子の中で変わってくれる子がいないかを探すでしょう。
もちろんこの先生のとった行為も間違ってると思うし、ダンナの意見とも違います。


本来なら誰にだって間違いはあるものという事・そしてその間違いを許す事を学び、対策方法を一緒に考えたり、嫌いな物でも我慢して食べる気持ちを持つ事を学べるはずなのに、お友達が苦手なものなら変わってあげる気持ちが自然に出てきて当たり前のことなのに・・・そんな当たり前のことができなくて口止め料という結果になってしまった事に言葉がありません。
もしもだんなの言うと売り市販のもので代用したら、必ず問題になるでしょう・・・けれど反対意見の私に不満なダンナ(-_-;)

そして私も考えも不可能な事だったかもしれません・・・・結局、正しい答えはわからないけど、私個人の意見からすると食べる事もままならず亡くなっていく子が今も世界のどこかでいるのに、こんな事でいいのかな・・・と心が痛くなります。 そしてダンナの意見にも・・・( ̄_ ̄|||)





| news | 14:07 | comments(14) | trackbacks(0) | |
| 1/7P | >>