SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
カウンター
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
変わらない思い


今日は初めてできたママ友Yちゃんとの出来事・・・
Yちゃんとは長男が2歳の時に公園で出会って仲良くなり、
その後半年でYちゃんのご主人の転勤で東京にお引越し。
仲良くなってからお付き合いの時間は短かったけれど明るくて優しくて
常識をきちんと持っているYちゃんは私にとってとても大切な存在で
お別れの時は涙・涙・涙でした。

その後2回ほどYちゃんのお家に遊びに行かせてもらい一緒にディズニーランドや
後楽園に遊びに行ったりもしたのですが、私の大阪へのお引越しに
お互いの子供の幼稚園入園やYちゃんがお仕事を始めた事にお互いの次男出産
(偶然同じ年に出産)でなかなか会えずメールや年賀状のやり取りをする数年間。
でもYちゃんとは何か縁が深いようで大阪へ越して初めてできたお友達で
1番仲良しだったMちゃんとYちゃんがお友達という事が発覚!!
2人は職種は違っても転勤族の妻という共通点で私と出会う前にいた転勤先グアムで
もう1人の方を通してお友達だったのです!!
この偶然にその事実がわかった日はかなり興奮してしまいました。

少し話がずれてしまいましたが、1年前にYちゃんにメールを送ってから
返事が返ってこなくなり、気になりつつも忙しくしているのだろう・・・
と思っていたら年賀状も届かなくて心配と同時に不安に。
Yちゃんの事を信じているけれど、長男の幼稚園時代に全く身に覚えがない事で
大切に思っていたお友達に距離をおかれてしまい、かなり傷ついた経験があったので
もしかして私が気付かないだけで周りの人をいやな気持ちにさせているのかも・・・
と連絡がない事を心配しつつ、でも聞けなくて密かに悩んでいたのです。
けれどアドレスの変更という理由で近況報告を兼ねてメールをしてみると
いつもと変わらないYちゃんからのお返事。

最後のメールがPCから送ったので迷惑メールにまぎれてしまったようで
メールに気づかず、Yちゃんもまた私が忙しいと思っていた事と、年末にYちゃんの
お父様が他界されて身近な人には喪中のお知らせを出し、なかなか会えない人には
近況が知りたくて喪中のお知らせを出さなかったとの事で、私の勝手な思い込み
という結果にホッとしました。

そして私のその思いを優しく包むような
温かい言葉も送ってくれて
離れていても思いはずっと同じだった事が本当に嬉しくて人を信じる事の大切さと
お友達の素晴しさをあたらめて
感じました。
この絵本はお別れの時に→
Yちゃんがプレゼントしてくれた
大切な思い出の本です。









| 友達 | 15:21 | comments(12) | trackbacks(0) | |
| 1/8P | >>